靴のお手入れ方法

靴のお手入れ方法

お手入れ方法

靴のお手入れ方法は意外と知っているようで知らない人も多いはずです。
ここでは、靴の簡単なお手入れ方法をお教えします。

お手入れ方法(基本)

お手入れに必要な道具
布(2枚以上) / ブラシ(歯ブラシでもOK) / 靴用クリーナー / 靴用クリーム

  1. まず、クリーナーを布につけ、靴全体の汚れを拭き取ります。
  2. 靴にあったクリームを靴全体に延ばし、ブラッシングを行います。
  3. 仕上げに乾いた布で靴を磨きます。

ワンポイントアドバイス
仕上げる時に使用する布の替わりにストッキングを使用するとよりきれいに磨けます。

お手入れ方法(スエード系)

お手入れに必要な道具
スエード専用ブラシ / 消しゴム / 靴用防水スプレー

  1. まず、靴全体についているホコリや土などの汚れをブラシで丁寧に掃います。ブラシで掃う時は、毛を傷つけないように心掛けてください。
  2. それでも取れない汚れには、消しゴムを使用するときれいに取れます。
  3. きれいになったら防水スプレーを拭きかけます。防水スプレーを使用する事でホコリや汚れをつきにくくする効果があります。

ワンポイントアドバイス
ホコリや汚れが付きやすく落ちにくいのがスエード系の特長です。こまめにお手入れする事をおすすめします。

上記作業でも汚れが取れない場合は、お早めに店頭まで、お持ちください。

お手入れ方法(雨などで靴が濡れてしまった場合)

お手入れに必要な道具
新聞紙又は、吸水性のある紙類 / ドライヤー / 布(2枚以上) / ブラシ(歯ブラシも可) / 靴用クリーナー / 靴用クリーム

  1. 新聞紙等を丸めて、つま先部分まで詰め込み、水分を十分に吸水させます。
  2. ドライヤーを使用し、ある程度まで乾かします。もし、時間があるのなら完全に乾くまで行ってください。
  3. 乾いたら風通しのよい場所で陰干ししてください。
  4. 乾燥させた後は、クリーナーで汚れを落とし、クリームを全体に延ばしブラッシングを行います。
  5. 仕上げに乾いた布で靴を磨きます。

靴は、人の肌と同じで、デリケートな物です。普段のお手入れを怠ると大切な靴が痛みます。特に梅雨時期などで雨に濡れてそのままにしておくとカビが生える原因となりますので、普段からお手入れする事を心掛けてください。
靴のお手入れについて分からない事があれば、気軽にお問い合わせください。